久々の映画

 「ファーストマン」を観に行って来ました。私が物心ついた頃にはアメリカの宇宙計画はシャトル計画であり、それ以前の宇宙計画はよくわからなかったのですが、宇宙計画を題材にした映画はDVDを含めていくつか観ました。

 宇宙計画黎明期を題材にしたものとして「ライトスタッフ」、大事故からの生還を描いた「アポロ13」。黎明期を描いたものという意味では変化球ですが「スペースカウボーイ」も観ましたね。あと、「ドリーム」ですか。これは違う意味でも見るべき映画ですね。

 今回のファーストマンはニールアームストロングを題材にした彼を取り巻く家族のドラマがメインで我々の知る宇宙計画のドキュメンタリー映画ではないということが賛否分かれるかもしれません。宇宙計画が大好きな人には不満いっぱいになると思います。ただ、「ライトスタッフ」、「ドリーム」ではマーキュリー計画を、「ファーストマン」ではジェミニ計画とアポロ計画を描いているのですが、華々しいアポロ計画より地味に見えるジェミニ計画を描いているのは貴重だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です