本当だと信じてみたい

 2020年4月12日現在、日本国内で唯一罹患者が報告されていないのは岩手県だけになりました。色々その理由が言われていて、人口が少ないからとか、そもそも検査をしていないからだとか。

 スペイン風邪が流行した際にも岩手県は罹患者が少なかった県の一つだそうで。

 私たち東洋医学を学んだ人間にとって「医食同源」という言葉は身近な言葉です。今回のコロナウィルスの罹患率と考察するといくつか興味深い話があります。

 腸内の細菌環境が免疫力に関係することが言われて久しいですが、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は私たちの腸に住み着かないんだそうです。確かに善玉菌の増殖に関与するのですがいわば、災害時のボランティアのように一時的なことのようです。もともと私たちの腸にいる善玉菌を増やすには食物繊維が必要だということです。特に海藻類がいいそうで、わかめ、のり、昆布、もずく。不思議なことに日本人には海藻類を消化する酵素があるのですが、欧米人にはほとんどないんだそうです。私たちの腸内環境は住んでいる環境と相関関係があるのは福岡伸一先生の本に書いてあったと思います。

 さて、海藻類に含まれる成分がどうも免疫力に関係があるようです。日本の患者数の少なさは検査数だけでなく食文化にもよるのかなと思っています。韓国も爆発的な伸びは出ていないようですしね。

 岩手県は昆布の消費量が日本一なんだそうです。罹患率の低さと関連があるとしたら、まさに医食同源ではないかと思います。

 納豆がスーパーから消えることが多いのですが発酵食品ということでもう少し広く見れば、味噌もぬか漬けも仲間ですよ。お手軽ですが加工食品を多く摂ってしまうと腸内環境を悪くしてしまいます。腸内環境と免疫と関連があると信じているなら、そして、効果的な薬がないときに病に打ち勝つのは自分の免疫力だけです。免疫力が強くなるならどうしますか?

風邪症候群

 風邪の原因のほとんどはウィルスによるもので80〜90%を占めてます。その原因となるウィルスのうち、約半分はライノウィルス、その次に多いのは実はコロナウィルスなんですね。ライノウィルスには100種類以上の血清型があってワクチン開発が難しいということなんだそうですが、大抵の人は消炎鎮痛剤とか咳止めだとかそういった薬を飲みながら自分の免疫で回復しています。死に至るような重篤な症状を呈する人はほとんどいないですね。

 幼少の頃、祖母に「風邪をひいたら、ちゃんと治さないと肺炎になって死んじゃうよ。」と言われたことを思い出しました。この言葉は今回の肺炎の流れそのもののような気がします。つまり、昔から同じような病が存在しているということではないでしょうか?

光回線にしました

 今日から電話とテレビとインターネットの回線を光回線にしました。設定のし直しが多々あり大変です。10年前にはこれほどネット上でいろんなことが出来るようになるとは思ってもみませんでしたから、お店ないし会社の便利さを優先してきた結果がこれです。icloudにデータが上がっているので復旧が楽になりましたが、それでもパスワードの管理はアナログにしています。

 便利になったぶん、そうでなかった頃を思い出して手作業の大変さをたまには体験しておくと後々役に立つかもしれませんよ。

父が亡くなりました

 約一年間の入院の末、父はこの世を去りました。病院から連絡があり駆けつけた際には意識がなく、血圧も上が80、下は40を切っていました。病院に着いて1時間ほど過ぎた頃、上の血圧が50を切り看護師がもう脈を触れることができないと言い、血圧の測定を止めてしまいました。私は父の右手首に触れてみました。腎機能が失われているためひどいむくみでしたが、かすかに私は脈を触れることができました。30mmHg以下でも感じようと思えば指先に気持ちを集中させればできないことはないと思いました。

 鍼灸師である以上指先で些細な変化を見逃すまいと思ったのです。息を引き取った時の脈象を経験させてもらえたのは本当にありがたいことでした。現在鍼灸師は全国に約12万人。そのうち何人が臨終の脈象を経験できるのでしょうか?

物凄い勘違い

今月から郵便料金が変わってハガキは63円なんですよね。何を勘違いしたか定型郵便の25gの料金84円を貼って送ってしまいました。金額が足りなければ戻ってきますけど多い分には何も問題ないでしょということで…。

キャッシュレス・消費者還元事業

 残念ながら、健康保険の取り扱いをしている施術所は「保険医療機関」となり、補助の対象外となっています。観光地の土産物屋ならともかく、当院のような住宅地ではインバウンド対策にキャッシュレス!は考えにくいので、当院では現金のみの取り扱いといたします。

2019年10月1日

 施術料金を改定しました。材料がどんどん値上がりして、生活費もかさんでくると致し方ないと思っています。健康保険の療養費は10円程度の上乗せだけでほとんど上がっておらず、一人の消費者としての負担が増え、商売としてはキャッシュレス決済を導入しても事業者に還元される業種ではないので、この点についても恩恵はありません。国としてはコンビニよりも多いと言われる接骨院の新規開業を抑えるために研修やら講習会やらを課しています。鍼灸師も同じような仕組みが導入されるものと思われます。柔道整復師は7万人、鍼灸師はおよそ12万人いるそうです。規制緩和が良かったのか悪かったのかわかりませんが、学校に行って資格を取るために500万円は必要なのです。せっかく資格を取っても全く仕事にできない人が量産される時代になってきました。実は、私の母校は廃校になります。そういえば、自動車教習所も減っているとか。日本の人口も減っているのですから当然でしょうね。厳しい世の中、何か突破口はあるのでしょうか?

200g,500g

 自由に量を決めて食べるステーキの話ではありません。便の話です。現代人の便は約200g。これが昭和の時代には500g。食生活の変化は食べた後の結果にも反映されているわけですね。かかる病気も変わりました。かつては胃がんが多かったものが今や大腸がん。日本人の体型もかなり変化しました。

 今年の夏から食事にかなり気を使うようになりました。今までもとっていましたが、より野菜を多く摂るようにしました。生野菜でしたらリンゴ酢とアマニ油をかけてます。

 8月初めから食事を変えたら、今は便の量が500gです。(直接ハカリで計測したわけではありませんよ。トイレに行く前後で体重計に乗ったのです)10月にかかりつけの病院で血液検査があります。この夏の健康診断の時の数値と比較してみようと思っています。

良縁

 何も結婚の話じゃありません。今年は勉強会に数回参加した中で自分にとって非常にいいご縁をいただけていると思っています。特に自分の身内に自分では解決しきれない問題があるからでしょうけど。

 勉強会に参加してその問題に取り組んでおられる先生の講義を直接伺えるというのは非常に有意義ですし、名刺を交換させていただいて個別にアドバイスを頂戴できますし、いまの時代はメールでのやりとりができますので、新しい情報がすぐ入ってきます。

 正直なところ、雨続きでそれほど患者さんが来院する機会が少なくなってしまっているのですが、その分新しいことを勉強するいい機会です。晴れた時にはもう少しレベルの高い施術を提供できると思います。

埼玉県鍼灸師会主催学術講習会にて

 2019年7月21日(日)、さいたま市のさいたま共済会館にて保険取り扱いの講習会ののち、学術講習会がありました。1つ目の講演は精神科医である奥平智之先生による栄養学のお話でした。よく東洋医学では「未病」という表現をするのですが、実際にどのような状態を示すのか曖昧だったような気がします。現代医学での血液検査のデータからそれを読み取ることができることに驚きと確証を得ることができました。医師であれば投薬が当たり前だと思っていましたが、食事が大事だということを奥平先生にご指導いただきました。これまた「医食同源」と耳慣れた言葉ですが、本質の部分を忘れていたような気がします。

 さて、奥平先生の講演中、息抜きにじゃんけん大会がありました。私は見事に勝ち抜き、奥平先生の著書をいただくことができました。早速読み始め、今後の治療に役立てたいと思います。